眼精疲労

「眼精疲労」は眼球だけが原因ではない?

デスクワーク・スマホの長時間の使用のあと、目の不快感を感じることはありませんか?
辛い目の疲れは、目の周りの「筋肉」にも原因があります。これは放置しておくと全身の不調にも繋がるので、注意が必要です。


目の疲れは全身の不調にも関係します

「目の疲れ」を感じる原因

私たちの顔は全て筋肉で覆われています。長時間、パソコンやスマホなど使用すると目の周りの筋肉「眼輪筋」が疲労状態になります。これが「目の疲れ」の主な原因です。目をこらす動作が眼輪筋の緊張を高め、目の周りから血行不良を引き起こして疲労物質の蓄積を促します。
ホットアイマスクが目に良いとされているのは、単に気持ちよいからだけではなく、目の周りの筋肉を温めることで緊張していた眼輪筋を緩め、血行不良を改善するからなのです。

デスクワークで多い「眼精疲労」「首こり」「肩こり」「顔のたるみ」

目の周りの筋肉の緊張は、後頭部、首へと広がると血行不良によって疲労物質の蓄積を招き、首や肩にも痛みを誘発します。
また、頭部の重さは約5キロあり、首がその重さを支えています。ここでさらに少し下を向いている状態で頭を支えると、首には18キロの負担がかかっていると言われていますので、筋肉への負担が生じ首や肩こりの原因にもなっていきます。

「目の疲れ」は老け顔、万病のもと

筋肉の疲労が生じると同時に、目の周りから血液やリンパ液の循環が悪くなります。すると必要な栄養や老廃物が滞るため、お体には以下の症状が出やすくなります。

【美容面】

✓ 頭皮や髪質の状態が悪くなる
✓ 肌のくすみ
✓ 目の下のクマができやすい

【身体面】

✓ 首こり
✓ 肩こり
✓ 頭痛
✓ 吐き気

また、パソコン・スマホなどの電子機器の超時間使用の場合は注意が必要です。
この時、ブルーライトの影響を忘れてはいけません。ブルーライトとは、人が見ることのできる光の中で最も波長の短く、強いエネルギーを持っている青色光のこと。ブルーライトは網膜まで到達すると言われ、眼球へのダメージにも繋がります。さらに、目にはブルーライトを感じる受容器があります。そしてブルーライトを感知すると脳内でメラトニンの物質が抑制されることが判明しています。
メラトニンは睡眠へ導入するホルモン。これが抑制されると睡眠に支障をきたします。

✓ 寝つきが悪い・不眠
✓ 自律神経の乱れ
✓ 疲れがとりにくい

特に下を向く姿勢が長時間続く場合は、
✓ 口の周りの筋肉がゆるみ、ほうれい線やたるみ
が起きやすくなります。

私たちの生活や仕事にパソコン・スマートフォン・テレビは欠かせないアイテムです。
健康や美容を損ねないよう、お体のケアをしっかり行っていきましょう。


WASAはデスクワークのお悩みを同時に解消します

✓ 目の疲れ
✓ 同じ姿勢による体の痛み
✓ ブルーライトによる自律神経の乱れ
✓ 下向き姿勢による顔のたるみ・むくみ

これらのお悩みに全てアプローチするのが、WASAの「小顔整体」です。

当サロンで行う小顔整体は、目の周りの筋肉はもちろん、頭とお顔の筋肉を中心に筋肉バランスを整えていきます。
頭部の血行が促進するため、小顔効果だけでなく、お肌のトーンアップや頭皮・髪の健康へ繋がります。

また、首・肩の筋肉やリンパにもアプローチします。
デスクワークによる辛い症状の改善に効果的ですので、ぜひお試しください。


お気軽にお問合せ・ご相談ください

サロンのご予約は4営業日以降のお日にちで承っております。